自分で出来る健康チェックとは?

年齢を重ねるにつれて健康に対する不安を抱くようになったという人は多いのではないでしょうか。私もその一人です。若い頃に比べてがんばりがきかなくなってきたような気がしますし、疲労やストレスもたまりやすくなりました。

そして、何よりもショックなのが毎年医療機関で受けている健康診断の結果が年々悪くなってきているということです。健康診断や人間ドックは健康のバロメーターとなりますので、健康チェックとしてはとても有効です。年に一度は必ず受けるようにしましょう。

採血だけでも様々なことが把握できます。ヘモグロビン、コレステロール、中性脂肪、血糖値、尿酸値などの数値から貧血、栄養不足、肝臓疾患、腎疾患、痛風、高脂血症、糖尿病、感染症などを推し量ることができます。
採血は医療機関で手軽に受けることができる検査ですので積極的に受けることを心がけましょう。
そして、医療機関での検査のほかに自分で出来るちょっとした健康チェックも数多く存在します。体に痛みや違和感がないかどうか、尿や便の状態や色について、血圧や脈拍は正常かどうかなどです。

とくに、便の状態や色のチェックはとても大切です。
粘液便や血便が見られたら内臓疾患が疑われますのですぐに医療機関を受診して検査をすることで早期治療につながるからです。自分で出来るチェックは健康に対する意識を高めることと病気の早期発見に大きく役立てることができます。医療機関での検査を受けることと同時に心がけていきましょう。

また、脳などもくも膜下出血など恐ろしい病気になることもあります。
特に脳の病気は初期症状としては疲労やストレスかなと思う程度だったりするので注意が必要です。
少しでも体に異常を感じたらお近くの脳神経外科で診察を受けましょう。
私も自宅近くの森口脳神経外科クリニックにてMRIを受診しました。